年末の音楽番組として有名なのが「日本レコード大賞」ですよね。

その年に活躍したアーティストや曲に対して大賞や特別賞、新人賞などの賞を授けている伝統的な番組として幅広い年代の方々が観ています。

 

そんな伝統ある日本レコード大賞2017で大賞を受賞するアーティストを予想してみたいと思います~!

 

また、観覧募集や倍率についても調べてみましたので要チェックですね♪

Sponsored Links

日本レコード大賞2017の受賞者予想!

今年の日本レコード大賞2017で大賞受賞するのはどのアーティストになるんでしょうか?

 

まずは過去のレコード大賞受賞アーティストをチェックしてみましょう。

 

<過去のレコード大賞受賞者まとめ>

*2006年

氷川きよし

*2007年

コブクロ

*2008年

EXILE

*2009年

EXILE

*2010年

EXILE

*2011年

AKB48

*2012年

AKB48

*2013年

EXILE

*2014年

三代目J Soul Brothers

*2015年

三代目J Soul Brothers

*2016年

西野カナ

 

過去10年間の歴代アーティストはこの方々でした!

 

EXILEの受賞が多いことにビックリしました!(゚Д゚;)

 

この10年間ですでに4回、所属が同じ三代目J Soul Brothersに関しても2回も大賞受賞されていたとは・・・!

 

AKB48もかなり注目を集めたアイドルグループですし、今も第一線で活躍していて人気が衰えることはありませんよね♪

 

そんな中突如西野カナさんが去年のレコード大賞受賞!

 

もうちょっと前に受賞していてもおかしくないくらい有名でヒット曲もたくさんありますよね。

 

女性からの支持率NO1のアーティストでも大賞受賞したのは去年だったことから、今年の大賞はどのアーティストが受賞するのか気になります!

 

2017年のレコード大賞はどのアーティストが受賞するのか判明しましたらこちらに追記していきますので、お見逃しなく♪

観覧募集や倍率を調査!

さて!この伝統あるレコード大賞を実際に目の前で観覧したい方は多いと思いますので、観覧募集や応募方法についてまとめてみたいと思います。

 

毎年観覧募集は12月上旬ごろにTBSの観覧募集欄に掲載されます。

 

例年通りだと12月15日前後には募集が締め切られてしまいますので、12月になったらTBSの観覧募集欄を随時チェックしておくのがおすすめ!

 

観覧応募の方法についてですが、パソコン・携帯・はがきといった方法があるよう。

 

この中でも1番おすすめなのがハガキでの応募!

 

ちょっと面倒な感じはありますが、他の応募者との差別化を図れるのがはがきでの応募になります。

 

TBSの観覧募集欄で日本レコード大賞2017の概要がアップされましたら、必要事項を記入したあとに好きなアーティストや曲、観覧したい気持ちなどをアピールすることで当選確率を上げることができます。

 

はがきを目立たせるようにちょっと色を塗ったり、見やすいように書くのがコツですね♪

 

というのも、当選倍率は1000〜1300倍という噂があるようです!(ノД`)・゜・。

 

あくまでも噂でどうやって調べたのかは不明ですが、出演アーティストそれぞれのファンが一斉に応募するとなると、これくらいの倍率になるんでしょうか・・・?

 

要はそれくらいたくさんの方々から応募が来るってことなのかもしれませんね。

 

なので、前もってはがきに宛名などの書けるところは書いておいた方がベストだと思います!

 

 

当落結果は締め切り後に1週間ほどで当選者にチケットが送られてくるようです。

 

もしかしたら事前にメールで通知があるかもしれませんので、チェックしておくようにしましょう。

まとめ

日本レコード大賞2017の受賞者予想から観覧募集や倍率までをまとめてみました!

 

いかがだったでしょうか?

 

1年の終わりに好きなアーティストを間近で見て、生歌が聴けたら超サイコーですね!

 

素敵な1年の締めくくりになると良いですね(^^)/

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます♪