【追記】試合結果を下記にアップしました!

甲子園2017が幕を開けましたよね!

今日の第一、第二試合は圧倒的な試合結果になっているようです!

 

そこで!今日の第三試合、甲子園2017の北海と神戸国際大付の結果速報をまとめてお知らせしたいと思います♪

 

感想レポも合わせてご覧ください(^^)/

 

それでは早速試合結果を見てみましょう~!

Sponsored Links

甲子園2017の北海と神戸国際大付の結果速報まとめ!

今日行われた甲子園の試合はこちら(^^)/

 

*第一試合

仙台育英VS滝川西

 

*第二試合

日本文理VS鳴門渦潮

 

*第三試合

北海VS神戸国際大付

 

今日の甲子園は第一試合から1,2回戦から仙台育英が2点3点を獲得。

 

3回4回戦は仙台育英そして滝川西ともに0点、5回戦から9回戦まで仙台育英が2点~3点を獲得し見事勝利!

 

うーん、さすがですね!

 

そして!第二試合の日本文理VS鳴門渦潮!

 

1回戦から2点を獲得した日本文理。

 

2回戦も5点を獲得し、日本文理にとっては幸先のいいスタートを切ったようですね♪

 

ですが!3回戦4回戦で鳴門渦潮が3点を獲得~!

 

現時点では7対3と、見逃せない試合となっているようです!!

 

どんな試合結果になるのか、気になるばかりですね(^^)

 

【追記】日本文理VS鳴門渦潮の試合は、9対5で日本文理の勝利となりました!

 

どうやら1,2回戦の日本文理の7点が大きかったようですね!!

 

そして第3試合の北海VS神戸国際大付!

 

北海は甲子園への出場回数は神戸国際大付よりも多いよう。

 

いったいどんな試合になるのか、気になりますね。

 

【追記】試合結果が判明しました!

 

2回、3回戦で北海が1点ずつ取るも、3回戦で神戸国際大付も1点ゲット。

 

お互い譲らないゲームとなりました。

 

その後4回、5回戦では両社とも0点でしたが、6回から動きがあり、神戸国際大付が1点取り北海と同点へ。

 

すると7回から北海が一気に2点を獲得し、盛り上がるものの、7回裏で神戸国際大付が3点を獲得!

 

北海と1点差で逆転しました!!

 

8回は両者ともに0点!

 

注目の9回戦は北海の番鈴木(大)が空振り三振。

 

布施がセンターフライとなってしまいます。

 

注目の川村は空振り三振となり、試合が終了しました。

 

北海VS神戸国際大付は4対5で神戸国際大付の勝利となりました!

感想レポも!

さて!試合前ですが、SNSでは盛り上がっているようですね♪

 


【追記】実際の試合の感想がこちらです。

 

まとめ

甲子園2017の北海と神戸国際大付の結果速報をまとめてみました!

 

いかがだったでしょうか??

 

有名校の北海に対し、神戸国際大付がどのような試合展開を見せてくれるのか、気になりますね~!

 

試合結果の速報や感想レポも分かり次第、追記していきますのでお楽しみに♪

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございます♪