テレビのバラエティ番組の中でも人気なのが「スカッとジャパン」!

ドラマ仕立てになっており、最初はモヤモヤしますが最後にはスカッとした気分になりますよね♪

 

そんなスカッとジャパンを実際に観覧したい方は多いハズ!

 

近くでバラエティ番組の収録を見れちゃうし、この機会に大好きな芸能人を目の前に活躍している姿を見てみたいですよね♪

 

そこで!スカッとジャパンの観覧募集倍率や応募人数、当選しやすい方法などについて迫ってみました!

Sponsored Links

スカッとジャパンの観覧募集倍率や応募人数は?

出典元:公式サイト

 

スカッとジャパンを実際に観覧してみたい方は多いと思います!

 

スカッとジャパンのホームページをチェックして、観覧応募しても当たるかどうか分からないですし、特に人気アイドルやタレントが出演するとなると観覧募集倍率も高くなると思われます。

 

そこで、スカッとジャパンの普段の観覧募集倍率を調べてみることにしました!

 

テレビのバラエティ番組の観覧募集倍率はこのようになっています。

 

<バラエティ番組の観覧募集倍率まとめ>

 

◆探偵ナイトスクープ

観覧募集倍率:約10倍

参考資料:http://seyana.net/media/7872.html

 

◆VS嵐

観覧募集倍率:21,450~27,000倍!(゚Д゚;)

参考資料:https://www.morningwoodrocks.com/entertainment/vsarashi-viewing-magnification/

http://pinky-media.jp/I0009433

 

◆快傑えみちゃんねる

観覧募集倍率:40倍

出典元:http://ameblo.jp/tomo-smile-impact/entry-11971419383.html

 

このようになっていました!

 

スカッとジャパンは月曜20時に放送されているので、晩御飯を家族で食べながら見ている方々が多いのではないかと思われます。

 

なので年代層は10代から上限なく幅広い世代の方々が視聴していますよね。

 

VS嵐まではいかなくても、探偵ナイトスクープや快傑えみちゃんねるよりは人気がある番組だと仮定すると、約10倍~50倍ほどの倍率になると予想されますが、いかがでしょうか?

 

また、実際にスカッとジャパンを観覧された方のブログをチェックしてみたところ、このようになっていました。

 

出典元:http://ameblo.jp/yurimi0127/entry-12047540283.html

 

このことから観覧席は約100席だと仮定すると、

 

◆倍率40倍→応募人数約4000人

◆倍率50倍→応募人数約5000人

 

このようになります~!( ゚Д゚)

 

なんだかすごい数の応募人数ですね。

 

毎回収録があるごとにこの応募者の中から観覧者を選んでいるんでしょうか・・・?

 

これはぜひとも下記の当選しやすい方法をチェックし参考にしてみてくださいね♪

当選しやすい方法も?

スカッとジャパンの観覧応募方法は「メール」になっています。

 

番組ホームページにある「番組観覧募集のお知らせ」から必要事項を明記して送信ボタンをクリックするだけ!

 

簡単ですよね♪

 

応募について、当選発表は当選者にのみ電話で連絡が来ることになっているんだそう。

 

連絡がない場合は、残念ながらハズレてしまったことになります。

 

ハガキでの応募だと、装飾したり目立ちやすくして当たる可能性を高めることができますが、メールでの応募となるとそれができませんよね。

 

なのでポイントは応募メールにある下記の記入項目なのではないかと予想!

 

*番組内の好きなキャラクター (80文字以内)

*番組に一言 (400文字以内)

 

この項目をできるだけ埋めることで「観覧したい!」ということをアピールできるのでおすすめです♪

 

実際にどのようにたくさんの応募の中から観覧者を決めているのかは分かりませんが、できることはしておいた方がGOOD!

 

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

スカッとジャパンの観覧募集倍率や応募人数、そして当選しやすい方法などについて迫ってみました!

 

スカッとジャパンは私の周りにも意外と見ている人はいるし、人気のバラエティ番組ですよね♪

 

実際に生で見ると楽しそうだな~(#^^#)

 

ちなみに!以前観覧した方の情報によると、収録時間は約3時間ほどだったよう。

 

席と席の間隔が狭いかもしれませんので、できればジーンズなどの短いスカート以外のボトムがおすすめですね!

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます♪