【追記】市長選挙結果を下記にアップしました!

横浜市長選挙2017が7月30日(日)に投票&開票されます!

今回の立候補者は3人となっているようですね。

 

市長の任期満了により、新たに市長を選ぶこととなった横浜市!

 

気になる立候補者の方々や市民の関心をまとめてみたいと思います!

 

横浜市長選挙2017の結果も速報でお伝えしていきますので、ぜひご覧ください♪

Sponsored Links

横浜市長選挙2017の結果速報!候補者一覧まとめ!

横浜市長選挙2017は7月30日(日)の朝7時から夜8時まで投票を受け付けているようですね!

 

気になる立候補者はこの方々となっています。

 

<横浜市長選挙2017の立候補者>

*伊藤 大貴氏

*長島 一由氏

*林 文子氏

 

さて!気になるこの3人のプロフィールや公約(マニフェスト)をチェックしてみましょう。

 

伊藤 大貴氏

(いとう ひろたか)

現在39歳。無所属。

前回横浜市議を務めましたので、経験豊富なのが頼もしそうですね。

「民進党の推薦はないが自主投票になり、出馬の環境が整った」

カジノ反対や横浜市立中学で未実施の給食完全実施などの政策を発表されています。

・政策

・これからの横浜を支える子育て支援・公教育の学力向上

・安心できる高齢社会の実現

・時代に合わせた市政運営による充実した行政サービス

・新たな手法での地域経済の発展

 

 

長島 一由氏

(ながしま かずよし)

現在50歳。無所属。

元衆院議員、元​逗子市長として活動されていたので、この経験を横浜市で活かせられるかもしれません。

反カジノを主張されています。

・政策

・子育て、教育、福祉に重点投資

・税金の無駄を徹底全廃

 

 

林 文子氏

(はやし ふみこ)

現在71歳。無所属(自民、公明推薦)

現職としてこの市長選で3選を目指しています。

「横浜を大きく発展させていきたい。来る市長選に強い決意をもって臨んでまいりたい」

・政策

「まずは暮らしの安全・防災対策をしっかり積み上げ、子供やお年寄りのケア、日本一女性が輝く都市への取り組み、さらなる観光振興をもっと皆さんとやりたいというのが立候補の動機となった。市政8年の実績を土台にして、新たに強靭(きょうじん)な橋をかけたい」

「ギャンブル依存症対策は考えるべきだが、(誘致を)判断するに至っていない」

参考元:産経ニュース

 

 

調べてみたところ、立候補者の経歴や公約(政策)はこのようになっていました。

 

注目するべきは、

 

*カジノの勧誘

*待機児童問題

 

などなど!

 

横浜はカジノ設立の予定候補地となっているので、このカジノに対してどのような政策をとる予定なのかが注目されるのではないでしょうか。

 

そして!huffingtonpostサイトによると、横浜市は2017年4月の新規入所には1万7908人の申し込みがあり、1月末に通知された一次調整で認可保育所への入所が内定したのは、1万3331人。

 

保育園に落ちてしまった子どもは4577人だったんだそうです!

 

横浜市ではこのような問題があるようなので、このような問題に対して立候補者がどのような政策をしていく予定なのか、街頭演説などを聞いたりして、しっかりとチェックしてみましょう。

 

実際の選挙結果が判明しましたら、下記に追記していきますので、お見逃しなく♪

 

【追記】横浜市長選挙2017の結果が判明しました!

 

林 文子氏が当選したようですね!

市民の関心も!

さて!横浜市長選挙2017に対して、市民はどのくらい関心を持っているのか調べてみたいと思います!

 

「#カジノより中学校給食を!ってセンスないなってかんじ。入口はたくさんあったほうがいい。なにも無理矢理一本化しなくていいのでは。」

 

「今月末に横浜市長選挙があるってことがあまり入ってこない。」

 

「横浜市長選挙さあ、今年はどうなるか。期日前投票いくか。」

 

「横浜市長選挙のキャラクターがなんで斉藤さん?って一瞬思ったけど横浜市出身か」

 

出典元:Twitter

 

などなど、このような声がSNSにアップされていました!

 

開票日まであと18日となりましたが、どうやら市民の関心はそれほど高くないような印象を受けました。

 

選挙開票日まで1週間きったら、関心が高まってくるんじゃないかなと予想していますが、いかがでしょうか?

 

次回、選挙当選者発表後に市民の感想をアップしてみたいと思います♪

 

 

「やっぱり出来レースだったな」

 

「仙台市長選トレンド1位だったのに、横浜市長選はそうでもない」

 

「横浜市長選、開票する前から当選確実だったなんてそんなようならお金かけて選挙する必要あったのかな?」

 

このような声がたくさんありましたね。

まとめ

横浜市長選挙2017の候補者一覧や市民の関心をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回の立候補者は、みなさんほぼ似たような政策を打ち出しているような印象を受けましたし、どうやら立候補者を支援する方々が複雑なんだそう。

 

選挙結果はわかり次第、速報でお知らせしていきますね!

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございます。