超人気恋愛マンガ「先生!」の実写映画化が決定しました!

先生と生徒との甘く切ない恋愛模様を描いた作品として、女子高生を中心にたくさんの支持を得ているストーリーなんです!

 

先生役として俳優の生田斗真くん、生徒役として女優の広瀬すずちゃんが演じるとあって、超豪華でキュンキュンどころ満載の映画となっています(^^)/

 

そんな「先生!」の実写映画内容のネタバレや結末予想、原作との違い、評判について迫ってみました~!

Sponsored Links

先生!の実写映画内容のネタバレと結末を予想

出典元:Twitter

 

「先生!」が実写化するにあたって、どの部分が映画で描かれているのか、そして結末はどうなるのか気になりますよね!

 

「先生!」の内容を大まかにまとめると、恋愛に疎い主人公の島田響が堅物教師の伊藤先生を好きになる「先生×生徒」の王道ラブストーリーとなっているんです。

 

今まで「恋愛」の感覚が分からなかった響が、ちょっとしたきっかけで伊藤先生を好きになります。

 

響は真っ直ぐにその思いをぶつけていきますが、過去に元カノに裏切られ傷ついた伊藤先生は「先生」という立場もあって、響の告白を断ってしまいます。

 

それでもめげずに響は伊藤先生にストレートに自分の思いをぶつけ、その響の一生懸命な姿に心を動かされる伊藤先生。

 

ついに響の告白を受け入れた伊藤先生ですが、その関係は「先生と生徒」という、誰にも知られてはいけない禁断の関係。

 

いろいろとピンチになるたびに、伊藤先生は別れ話を切り出しますが、響は伊藤先生への思いを貫いていく、といった内容になっているんです。

 

 

響と伊藤先生の関係が周囲にばれないか、ドキドキしちゃいますね(#^^#)

 

そして!ここが重要なんですが、2人が仲直りするときは、キスやお泊りなどで愛を育んでいくんですよ~!

 

生田斗真くんと広瀬すずちゃんの、激カワな2人のラブラブシーンがこの実写映画で見れちゃうんです!

 

2人のラブラブっぷりは絵になりそうですね♪

 

 

「先生!」はすでに完結済みの恋愛マンガですので、実写映画の結末としては、響の高校卒業場面になるかと予想されます。

 

卒業式終了後、響が伊藤先生から卒業祝いとして指輪をプレゼントする超感動場面!

 

最後はハッピーエンドで感動の結末となって幕を下ろすのではないかと思われます(^^)/

原作との違いは?

「先生!」の作者は「高校デビュー」や「青空エール」でお馴染みの河原和音先生。

 

1996年に連載が開始され、単行本20巻となる大作となっています。

 

「先生!」の原作では伊藤先生に対する響の真っすぐな思いが繊細に描かれていて、その響の思いに女性不信だったマジメで優しい伊藤先生が徐々に変わっていくんですね。

 

そして響や伊藤先生に好意を寄せるライバルが出現したり、このまま響と付き合っていていいのか悩む伊藤先生の姿などが実写映画でも鮮明に描かれていることと思われます。

 

実写映画でもここまでの流れは一緒ですし、原作との違いはほぼないでしょう。

 

ですが映画は約2時間なので、その中ですべてのストーリーを詰め込むことは難しいですよね。

 

原作にはあるけど映画ではカットされるシーンがあったり、内容の展開が早くなってしまう、といったことがあるかもしれませんね。

先生!の実写映画の評判

先生!の実写映画化がすでに話題になっているとのこと。

 

 

このとおり、盛り上がりをみせているようですね。

 

実際の「先生!」の実写映画の評判は、映画が公開されてから追記しますのでお楽しみに♪

まとめ

「先生!」の実写映画の内容のネタバレや結末予想、原作との違い、評判についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

先生と生徒の恋愛ストーリーは、誰もが1度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

 

このドキドキのシチュエーションで生田斗真くんと広瀬すずちゃんといった、美男美女が演じることでさらにドキドキ感が増すこと間違いなし!

 

2017年の映画公開が早くも待ち遠しいですね♪

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます!