映画「メアリと魔女の花」が2017年7月8日(土)から全国ロードショーされますよね!

この映画の原作として、イギリスのメアリ―・スチュワートさんが書かれた「小さな魔法のほうき」が元になっているんだそう。

 

一部では、この映画がジブリ「魔女の宅急便」と似ているんじゃないかという噂もあって、内容が気になるところです。

 

そこで今回は、映画「メアリと魔女の花」と原作との違いはあるのか、そして結末や新キャラなどを予想してみることにしました!

Sponsored Links

メアリと魔女の花(映画)と原作との違いは?

出典元:公式サイト

 

映画「メアリと魔女の花」の原作となる「小さな魔法のほうき」の内容はこのようになっています。

 

〇。・〇。・〇。・〇。・〇。・〇。・〇

夏休みの間におばさんの古い屋敷に預けられる事になったメアリ。

 

ある日近くの森を歩いているとティブという黒猫に出会います。

 

ティブに連れられて歩いていくと、森の奥で紫色の不思議な花を見つけました。

 

その花は7年に1度しか咲かない魔法の夜間飛行の花。

 

庭にあった古いほうきに夜間飛行の花粉が付くと、メアリをのせたほうきは空を飛び魔法大学へと飛び立ちます。

 

ティブを連れてメアリが訪ねた魔法大学では、生徒が魔法の勉強に励んでいました。

 

校長のマダム・マンブルチュークはメアリに入学を進めますが、彼女の狙いは強い魔力を持つ黒猫のティブだったんです。

 

ティブを攫われたメアリは、こっそり魔法大学に忍び込みこんで救出に向かうことに。

 

そこで、同じく飼い猫がいなくなって探しているピーターと出会うメアリ。

 

無事にティブとピーターの猫を救出した2人ですが、大学からの追手がやってきて・・・!

〇。・〇。・〇。・〇。・〇。・〇。・〇

 

原作ではこのような内容になっているようですね。

 

それでは映画の予告編を見て内容を比べてみましょう♪

 

<予告編①>

 

<予告編②>

 

映画「メアリと魔女の花」では、このような内容のストーリーになっているようす。

 

原作との違いは、①黒猫のティブ ②魔女の国の混乱だと思われますが、いかがでしょうか?

 

まず①について、予告編とセカオワのラインライブの長編予告を見た感じだと、原作では黒猫のティブを魔法大学の校長が狙っていましたが、映画ではどうやら魔女の花が狙われていたような感じがしました!

 

そして②について、予告編でメアリが魔女の国で混乱の中逃げているようすが映し出されていました。

 

原作では、追手から逃げるといった感じになっていますが、逃げるだけで全体的にメアリの周囲は混乱していないようなイメージだったので映画とはちょっと違っているのかなと。

 

映画の中の混乱のようすが気になりますね!

 

ですが大まかな設定は原作とほぼ変わらない印象だったので、映画の公開が楽しみです♪

 

大人も楽しめる内容になっているんじゃないでしょうか?

結末や新キャラ予想も!

さて!気になるのがストーリーの結末ですよね!

 

原作では、メアリが黒猫のティブを探しているときに出会った少年ピーターも、飼い猫を探しているということで一緒に探しだして見つけることができますが、やっぱり追手がやってきます。

 

一瞬追手に捕まるのかなと思いきや、黒猫のティブと一緒につかまっていた動物たちがメアリを助けるんです。

 

そしてなんとかお互いにそれぞれの居場所に帰ることができて、ハッピーエンドで終わるといった内容になっています。

 

映画「メアリと魔女の花」はスタジオジブリの卒業生が製作したものなので、結末も最後はハッピーエンドで終わると予想しています~!

 

 

また、メアリの「追手」が新キャラになっているんじゃないかなと予想しています。

 

原作と映画は設定は似ていますが微妙に違う部分があるみたいなので、新キャラで登場するならやっぱり追手だったり、メアリを助ける動物たちになるんじゃないかなと思われます♪

 

実際の映画公開でどこまで私の予想が合っているのか、チェックしてみたいと思います(^^)/

まとめ

メアリと魔女の花(映画)と原作との違いから、結末や新キャラまで予想してみました!

 

噂の「魔女の宅急便」と「天空の城ラピュタ」の要素も加わっていていて、楽しそうなファンタジー映画だなと思いました♪

 

家族や友だち・カップルでこの夏ほっこりできる映画を楽しみたいですね♪

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます!