お気に入りの野球漫画はあるでしょうか(^^)

野球漫画といっても最近ではとても多くの種類がありますよね!

 

野球のルールをあまり知らない方でも楽しめる野球漫画もあるようです( ^ω^ )

 

また野球部で野球が好きな方が熱中する野球漫画もあります☆

 

そんな野球漫画ですが実はルールを無視した間違いがたまにあることをご存知でしょうか((+_+))

 

中にはとても驚く間違いもあるそうですよ~!

 

そこで今回は様々な野球漫画のミスをご紹介していきたいと思います!(^^)!

Sponsored Links

野球漫画の間違いミスが意味不明!ルール無視が超ウケる!

栄冠は俺に輝く

栄冠は俺に輝くは裏少年サンデーコミックスに連載された野球漫画です。

裏サンデーとは2012年より始まったウェブコミック配信サイトなんだとか(^^♪

そんな栄冠は俺に輝くにあるミスがあったとのことです!

どうやらそのミスとはこの審判が「ストライクバッターアウ!」と言ったシーンのようですね( ^ω^ )

「ストライクバッターアウ!」なら三振でアウトになったから間違ってないのではと思う方もいるかもしれませんね(*^^*)

しかし、そのシーンに描かれているのはフライを取っている姿です!

フライをとってアウトになったという事は、ストライクになることも三振でアウトになるということもありえません。

そのため「アウ!」だけに修正して公式Twitterで公表したそうですよ( ^ω^ )

実は栄光は俺に輝くにはこの他にも間違いがあったようです!

次の間違いは何だったのでしょうか!(^^)!

それはこちらの内容です。

名古屋に転校して広島の激戦区を…

名古屋と広島では地域が全く違いますよね( ゚Д゚)

なぜこのような間違いをしてしまったのでしょうか。

 

 

ダイヤのA

2006年から週刊少年マガジンで連載されている人気野球漫画のダイヤのA!

ダイヤのAは様々な賞を受賞しているほど人気があるようですね!

アニメも放送されていて野球好きからも注目されている野球漫画です♫

そんな人気漫画であるダイヤのAはどんなミスをしてしまったのでしょうか((+_+))

ダイヤのAでミスとされているのはこの「一・二遊間」という言葉です。

どうやらこの時ボールが実際に飛んでいっている方向は一塁と二塁だったそうですね!

しかし一二塁間や二遊間という言葉はありますが、一・二遊間という言葉はありません(*_*)

これだけ人気となったダイヤのAにもこんな大きなミスがあるなんて驚きますよね!

野球についてそれほど詳しくない方でも「一・二遊間」の違和感には気づくのではないでしょうか(>_<)

 

 

ラストイニング

ラストイニングは2004年から2014年までビッグコミックスピリッツで連載されていた大人気野球漫画です!

2010年には第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞したんだとか☆

そんなラストイニングにも間違いがあったようですね((+_+))

その間違いとはこちらのタッチアップのシーンのようですね(^^)

フライが上がって野手がフライを取る前にランナーはスタートをしてしまったら自動的にアウトになります。

しかし、野手が捕球してからならタッチアップといいランナーはスタートしても大丈夫なのです!(^^)!

どうやらこのシーンはグラブの中に入るも少し浮いてしまい完全捕球できていなかったからタッチアップにはならないとのこと。

しかし実はタッチアップはグラブの中に入った時から離塁可能で、お手玉状態になってもすでに捕球されているとなるようですね!

このルールは故意にお手玉することを防ぐためにあるようです( ^ω^ )

まとめ

以上今回は野球漫画にあった間違いについてご紹介しました(^^)

 

有名な人気漫画にもミスがあったりして驚きましたよね!

 

どうやら野球漫画を書いている作者の中にも野球のルールをあまり知らない方もいるそうですよ~((+_+))

 

せっかく書くならルールをしっかりわかってから書いてもらいたいですね!

 

作者は気づかなくても編集担当の方が確認の時に気づいたりしなかったのでしょうか(*_*)

 

なかなか大きなミスもありましたよね…

 

漫画に集中するためにもこのようなミスはなくなるといいなと感じました!

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。