進撃の巨人もいよいよ最終回が近いんじゃないかと言われていますよね!

謎が深くて予想外な展開に「マジか!」「そうだったのか!」といった驚きのストーリーが多いので「最終回ってどうなるの?」と疑問に思っている方がほとんどだと思います。

 

エレン、ミカサ、アルミンはどうなるのか?進撃の巨人の意味とは?ループとは何なのか?といった今後の状況が気になります。

 

なので!進撃の巨人の最終回をネタバレ予想してみることにしました!

 

気になる今後の展開や伏線・考察をまとめてみますので、ぜひご覧ください~♪

Sponsored Links

進撃の巨人の最終回をネタバレ予想!今後の展開や伏線考察まとめ

進撃の巨人の最終回について、たくさんの憶測が飛び交っているようですね。

 

今言われている最も有力な最終回の予想をネタバレしてみたいと思います!

 

それでは早速内容に入っていきましょう♪

 

<進撃の巨人最終回をネタバレ予想>

 

◆進撃の巨人最終回予想①

ループ説

 

これが1番有力と言われているようです。

 

1週目、2週目のループで人類の滅亡と戦いを次のループへと引き継いでいく、というもの。

 

過去の記憶が部分的によみがえり、これからの人類の未来を切り開いていく、といった感じの考察になっているようです。

 

こちらはエレン・クルーガー(フクロウ)=グリシャに力を分けた巨人がミカサとアルミンの名前を呼んだことや、第1話の「2000年後の君へ」というタイトルでミカサと思われる女性から「いってらっしゃい」と夢の中で言われたエレンが涙を流しながら夢から醒めたシーンから想像されたようですね。

 

 

◆進撃の巨人最終回予想②

最終回は2000年後説

 

進撃の巨人の第1話タイトルが「2000年後の君へ」ということで、何か意味のあるような始まり方をしていますよね。

 

そして、アルミンがエレンから聞いた話を書き残していることから、最終決戦は2000年後になるんじゃないかと予想されているようです。

 

 

◆進撃の巨人最終回予想③

ラグナロク説

 

進撃の巨人は北欧神話をもとにストーリー展開しているんだそう。

 

ラグナロクとは世界の終末のことで、神々と巨人族が壮絶な戦いを繰り広げたのち、世界は滅びていくんだそう。

 

この神々=人類として進撃の巨人は描かれており、人類が勝つのか巨人が勝つのかといった大戦争を起こす可能性があるみたいですね。

 

 

◆進撃の巨人最終回予想④

ミカサが最終回のカギになる説

 

ミカサの頭痛=ミカサも何らかの力を持っている?と言われているよう。

 

第1話でミカサと思われる女性から「いってらっしゃい」とエレンが言われていることから、ミカサがループに関する何らかの力を持っているかもしれないようですね。

 

確かアッカーマンの一族は始祖の力の影響を受けなかったと記憶していますので、今後人類と巨人との戦いで世界が週末を迎えたときは、ミカサが何らかの力を発揮するんじゃないかと予想されています。

 

 

それと同時に、ミカサは東洋の一族唯一の記憶の番人なんじゃないかという説もあるんだそう。

 

アッカーマン一族はループする力は持ってなくて、世界の記憶を持っていた可能性があるみたいなんですよね。

 

「ループする力」よりも「記憶の番人」の方が「なるほどね!」と納得できました♪

 

 

◆進撃の巨人最終回予想⑥

全てを始祖ユミル・フリッツへ繋げる

 

「進撃の巨人の謎が分かった」というブログで書かれていた考察です(^^)/

 

全ての記憶を始祖に。そして人類の悲劇を回避する。

 

「なるほどな~!」と納得する考察となっていました。

 

面白いのでぜひこちらのブログ↑を読んでみてくださいね♪

 

 

最終回ではすべての伏線を回収できるのかが気になります(^^;

 

*9つの巨人の力はどうなる?

*ジークはなぜエレンを助けたいのか?

*ミカサの頭痛の理由

 

などなど数えきれないほどありますが、今後は大戦を避けられなさそうな感じになっているので目が離せない展開になってきていますね!

 

今の話の展開だと、ラグナロク説が最も有力なんじゃないかなと思われます!

 

エルディア・マーレ・巨人、どちらが最後に生き残るのか?

 

今まですべての読者の予想を裏切ってきた展開となっていますので、伏線の回収や最終回がどういった内容になっているのか、随時チェックしていきたいと思います!

まとめ

進撃の巨人の最終回をネタバレ予想をしてみました!

 

今後の展開や伏線考察をまとめてみましたので、参考程度に見ていただければと思います(^^;

 

今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます!