国内最大級の「むかわ竜」の一般公開が行われていますよね!

このむかわ竜を一目見ようと、全国から恐竜・化石ファンが集まっているんだそう♪

 

このニュースを知った時に、日本にも大きな恐竜がいたと知ってビックリしちゃいました!

 

むかわ竜を実際に間近で見たい方はまだまだいると思いますので、むかわ竜の一般公開はいつまでなのか調べてみることにしました!

 

全身像の公開画像や発見場所も合わせてチェックしてみましょう♪

Sponsored Links

むかわ竜の一般公開はいつまで?

ライブドアニュースによると、6月4日に北海道のむかわ町で国内最大級となるむかわ竜の化石が初めて公開されたようですね♪

 

「四季の館」のたんぽぽホールにむかわ竜の全身骨格化石が並べられ、10時から16時まで恐竜ファンが途切れることなく訪れたんだそう!

 

公開されたこのむかわ竜は、約7200万年前のハドロサウルス科の植物食恐竜の化石のようです。

 

全長8メートル以上にもなるということ!

 

マンションで言うと、だいたい3階くらいの高さになるんだそうですよ♪

 

恐竜というと、私のイメージではメキシコやアフリカ大陸などの砂漠地帯のような地域で、学者が砂を掘って骨を発見していく、といったイメージがあります。

 

映画「ジュラシックパーク」の影響をまさに受けている感じですね。

 

なので北海道で発見されたと聞いてビックリしちゃいました!

 

以前は日本にも恐竜がいたんですね(^^)/

 

さて!気になるこのむかわ竜の一般公開ですが、6月11日にむかわ町にある穂別町民センターで公開される予定となっており、まだ今のところいつまでの公開となっているのか決まっているわけではないようです。

 

<穂別町民センター>

住所:北海道勇払郡むかわ町穂別2番地1

最寄のバス停:町民センター前(110m)、穂別中央(380m)、穂別診療所入口(0.6km)

 

会場ではTシャツやペンダント、木彫品などの恐竜グッズも人気を集めたようなので、6月11日の一般公開でも販売されるかもしれませんね!

全身像の公開画像や発見場所も

さて!恐竜の全体像の画像を見てみましょう♪

 

出典元:ライブドアニュース

 

こうやってみると、人が小さく感じますね。

 

むかわ竜の頭の骨が体夜ずいぶんと小さいような・・・?

 

こういう種類の恐竜なんでしょうか。

 

そしてこちらが会見の動画ですね♪

 

発掘・発見現場となったのはむかわ町穂別地域!

 

北海道むかわ町のHPによると、2003年4月に穂別町在住の堀田良幸さんが散歩の延長でアンモナイトなどが産出する沢沿いを歩いていた際に、崖の中腹で骨化石を発見し、穂別町立博物館に寄贈したことから、この化石が恐竜のものだと判明したようなんです。

 

実際にどこで発見した、という記述はありませんでしたが、このような感じで発掘作業をしていたみたいです。

 

出典元:町HP

 

結構大掛かりな感じでの作業だったんですね!(゚Д゚;)

 

この発見で恐竜や化石に興味のある子供たちに夢を与えられたんじゃないかなと思います♪

 

もしかすると、周辺地域の土の中にはまだ表れていない新しい化石が眠っているかもしれませんね!

まとめ

むかわ竜の一般公開はいつまでなのか、そして全身像の公開画像や発見場所についてまとめてみました!

 

特にいつまでとは決められていないようですが、次回は6月11日に公開されるようですね。

 

結構前から化石が発見されていたとは!

 

化石の発掘には時間がかかるんだなということが分かりました。

 

もしかしたら今後新たな化石の発掘があるかも知れません♪

 

今日も最後までご覧頂きまして、ありがとうございます。