【追記】新情報を下記に追記しました!

2017年に突入して早くも台風3号が発生しました!( ゚Д゚)

どうやらここ数日雨や風で外出するのも大変そう・・・。

 

主婦としてはこの台風3号の進路状況が気になるところです。

 

なので気になる台風3号(2017)最新進路情報をまとめてお知らせしていきたいと思います!

 

中部東海地方での台風の影響はいつまでなのかも合わせてチェックしてみましょう!

Sponsored Links

台風3号(2017)最新進路情報!中部東海地方の影響はいつまで?

さて!気になる台風3号の進路状況をチェックしてみましょう!

 

【追記】現在の台風3号の進路状況はこちらです。

 

出典元:ヤフー

 

現時点では、このような進路状況が予想されていました。

 

ふむふむ。どうやら日本列島真上を通過すると予想されているようす。

 

どうやら5日から台風3号は日本列島から少しずれて進んでいく予報となっているとのこと!

 

ヤフー天気予報によると、4日の夕方ごろから東海地方そして名古屋近辺は雨風などの影響があると予報されていました!

 

台風事態は中心気圧は992hPaということなので、そこまで強い台風じゃないようすですが、外出するときは注意が必要ですね!

 

 

tenki.jpサイトによると、台風3号予想はこのようになっていました。

 

*2017年7月3日(月)

関東から西にかけて曇りや晴れとなる見込み。

暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定になると、にわか雨や雷雨があるかもしれません。

 

*2017年7月4日(火)~5日(水)

台風3号は7月4日に九州の西の海上を北上し、5日に日本海へ進む予想となっているようです。

台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込みます。

九州から東北を中心に雨が降り、前線に近い日本海側の地域では大雨となる恐れがあります。

また、太平洋側でも暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が不安定になり所々で雨や雷雨があるでしょう。

 

*2017年7月6日(木)~9日(日)

6日には北陸に台風3号が停滞すると予想。

天気予報では中部東海地方は曇りとなっていますが、所々でにわか雨になる可能性もあるようです。

引き続き暑さも続きそうですね。

 

このように予報されていました。

 

とうことは、中部東海地方は内陸または太平洋側となりますので、蒸し暑さと雨の影響があるということのようです~!

 

確かに蒸し暑い!現在7月2日18時ですが気温が30度になっていたのでビックリ!

 

調べてみると、この蒸し暑さは夜も続くんだそうΣ(・□・;)

 

寝苦しくなりそうなので、扇風機やクーラーの用意をしておいたほうが良さそうですね♪

 

湿気対策も今のうちに行っておいたほうがいいかもしれません。

 

 

そして!外出するときは、女性はスカートを着用する場合、タイトスカートの方がいいですね!

 

学生の場合は、制服ですので腰にジャージをまいた入りして対策をするのがベスト☆

 

ボトムの色も黒だと濡れてもあまり目立ちにくいのでおすすめです♪

 

逆にグレーだとかなり目立っちゃいますので、着る洋服にも注意してみてはいかがでしょうか?

 

また新たな台風3号の進路情報が発表されましたら、随時追記していきます!

まとめ

台風3号(2017)最新進路情報として中部東海地方の影響はいつまでなのかをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

中部東海地方の台風3号の影響をまとめると、

 

*7月3日は曇り・にわか雨・時々晴れといった忙しい天気

*7月4日~5日にかけて大雨と風の影響を受ける

*7月6日以降は曇り・時々にわか雨

 

このような感じになるようです。

 

今週いっぱい天気が崩れて急に晴れたり曇ったり雨が降ったりと、変な天気になるみたいです。

 

窓を開けても室内はもわ~んとした暑さですし、外出しても暑さは変わらないので思わずコンビニでアイスを買っちゃいました。

 

7月4日~5日にかけての外出はいつも以上に雨風に注意してみてくださいね。

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございます。

その他の関連記事もチェックしてみませんか?

台風1号2017の進路図や動きを予想!ピークや被害状況も

梅雨のレインブーツコーデ2017の通勤・通学スタイルはコレ!